じんせいぼんやり放浪記

ろくでもないOLのろくでもない日記です

入った会社が潰れました③

 この記事の続きです。

somewhere000.hatenadiary.jp

 前回は熟睡する幻影課長の話をしました。

幻影課長の仕事は一体何なのか…入社数日目にわかりました。

f:id:somewhere000:20180607205043j:plain

講話です。

月に2〜3回、全メンバーを集めて「ためになる話」(講話)をするのがこの人の仕事でした……

……この時間は……一体何……? ここはどこ…私は誰…

 

その他の愉快なメンバー

この会社には熟睡する幻影課長以外にも愉快なメンバーがたくさんいました。

もちろん、普通の真面目な方がほとんどですが、幻影課長はじめ、管理職層は大抵愉快なメンバー入りしていました。ダメじゃん!!

 

✨愉快なメンバー1 流し素麺おじさん

f:id:somewhere000:20180607204820j:plain

自分ではガチで何一つやらず、すべて右から

左に流すのみ(主にメールの転送)を仕事とする偉いおじさん。

 

✨愉快なメンバー2 おしかけさん

f:id:somewhere000:20180607204858j:plain

取引先に用もなく毎日おしかけ、

取引先がオートロックをかけたという称号を持つレジェンド。

 

愉快なメンバー3 弾丸おじさん

f:id:somewhere000:20180607204936j:plain

取引先に来社ついでに秘書課に特攻しようとして止められる。

 

そんな一部の愉快な珍メンバーに搾取され振り回されつつ

真面目な人々はせっせと業務に励んでいました……

しかし……そんな会社も悲しいかな潰れることになりましたーー(トップがヤバいから当たり前である)

 

次回、つぶれるときの話を書いておしまいです。