じんせいぼんやり放浪記

うつ病で退職した元OLが、日々の気分の記録と、元気になることを目指してぽつぽつ考えたことをかくブログ。

物語について、ぼんやりと思ったこと

2つの楽しませ方について

そんなに猛烈にインプットしているわけではない、ただのにわかのふわっとした考えですが、ぼんやり映画を見る中で、映画や舞台や本って、大きくわけて2種類の楽しませ方があるなー…と思いました。

1つめは、アトラクション的な楽しませ方

2つめは、読者や観客に「疑問」を抱かせる楽しませ方です。

(多分もうどっかで、こういうこともっとしっかり言われてるんだろうなーと思いますが…)

1つめにあたる作品は、激しいアクションがあったり、いわゆるパニックものだったり、「この謎を解いたら次はどうなる!?」っていう謎が謎を呼ぶ推理ものだったり、あるいは舞台ならライブ演出などファンサービスを多く取り入れて夢中にさせるもの。

2つめにあたる作品は、観客の解釈できる余地が残されていて、物語を通して「今、私が当たり前だと考えていることは本当に正しいのか?」「主人公がとった選択で、切り捨てられてしまったものもあるのではないか」…と言葉に尽くせないような疑問を余韻と共に観客に抱かせて、席を立った後、帰りの電車、布団の中で延々と反芻させるもの。

どちらかの要素しか持ってません!という作品もあるけれど(とっても勝手に分類してしまうけれど、『96時間』とかそうじゃないかな? 1の要素がかなり強い)、多くの作品は1の要素も、2の要素も持ち合わせていると思う。観客に作品を通して疑問を抱かせるためには、まず物語に夢中になってもらわなくちゃ成り立たない。つまらない作品をポケーと見たってうん…つまんなかったわ…とか、途中で見るのやめるわ…ってなるもん…だから、「どちらかといえば1寄り」「どちらかといえば2寄り」とわけられることが多いように感じる。

でも中には、1も、2も両方総取りでムチャクチャ面白くって夢中になってしまって、そして見た後放心して、ああ…すごいものを見てしまった…と呆然とする作品がある。そういう作品に出会ってしまったら最後、夢中になって見た挙句ふらふらしながら本を置いてばったり倒れこんだり、劇場を出る羽目になる。

山ほど触れてきたわけではないけれど、これまで見てそんな風にウオーーッ!となったのって、最近見た映画だとこないだ見たポセイドン・アドベンチャーと、シンゴジラ、舞台だと「ボクの穴、彼の穴」「フランケンシュタイン」(ナショナルシアターライブ)、漫画だと「バナナフィッシュ」一択です。

もちろんどの作品だって見たら考えることはあるけれど、圧倒的な情報量、質量、感情でぶん殴られるのが好きです…

 

あと全然関係ないんですけど、メンタル的に折れてから、「誰かが血と汗を流し仕事を一生懸命頑張る話」が割とダメになりました。

ズートピアとか…弱虫ペダルの舞台(ペダステ)とか……

ズートピアのジュディがこのチビ!と罵られながらそれでも折れずに頑張っている様を見ると「ジュディが頑張っているのに私は…」と号泣し、舞台弱虫ペダルで、レギュラーになりたくて必死で練習を積み大型ルーキー鏑木と対決したものの、勝てなくてレギュラーにはなれなかった2年の杉元くんを見ると「私は杉元のように頑張れない…」と号泣するという羽目に…

2.5次元系の舞台は2つめたりえるか

ペダステの話が出たので、ついでに話すと、2.5次元系の舞台(漫画やゲームを原作にして、イケメンの若手俳優を中心に据えた舞台)も、そこまで激しくではないですが足を運んだことがあります。…というかそこから見始めた…。

ただ、2.5はいかに原作の世界観を3次元に起こすか?なので、もともとの原作がどれくらいのメッセージ性を孕んでいるのかで、2つめの要素をもつか否かが決まる気がします。今のところ「頑張っている彼ら(原作キャラ)に号泣!!!漫画の世界が3次元に!スゲーー!!」はあったけれど、すごいものを見てしまった…ってなったことは…1回しかないかな…「最遊記歌劇伝burial」です。原作を肉付けして世界観をそのままに、「生きること」の定義ってなんだろ…とホテルで延々とどうしようもないことを思いました。ただ私がこれまでみたほかの作品でも、私が気づかなかっただけで、観客に疑問を持たせる作品はきっとあったはずです。

でも基本的に、2.5って圧倒的に1の要素が強いのかな…と個人的には思います。おもしろい!おもしろい!あー面白かったスッキリ!完 って感じ… 別にそれが悪いわけじゃないです。おもしろいんならいいんです。ただ、時折猛烈につまらないのに当たったり、原作の要素を殺していたり、ただお話をなぞっただけのものに当たると「ブロマイドもハイタッチもお見送りもいらないから中身しっかりしてよ!」とがっかりします。おもしろいのが見たいです…