読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じんせいぼんやり放浪記

うつ病で退職した元OLが、日々の気分の記録と、元気になることを目指してぽつぽつ考えたことをかくブログ。

自由の条件

雑記 生きること・働くこと

自由って、どんな状態だろう?ということについて、考えてみました。

会社で働いている間は最低12時間(通勤とかの時間も含めて)×5日間、会社に拘束されていた。ここに旅行に行きたい!と思ったっていけなかったり、あるいは休みがあってももうへとへとで行く気力もなかったり…

自由になりたい、残りの人生このままこんな何の役にもたっているのかわからない、周りにも迷惑ばかりかける仕事を続けるのは嫌だと思っていました。

さて、会社で働いていた時と比べると私は自由です。

無職なので 起きる時間も自由 何するかも自由 思い立ってでかけても何も言われない

でもいざ出かけようかなと思うと「今そこまで収入もないのにドーンと使うのはもったいないなー」としりごみしている

 

働いているときと比べて時間の自由は多いけれど、お金の自由はもちろんない。

選択肢が多いこと、つまり自由な時間が多いことだけではない。

選択肢があっても、選べなかったら意味がない。

 

実際に手にすることのできる選択肢が多いこと

その選択肢を許せる余裕が自分の中にあること(自分を肯定できること)

 

これがそろって、自由な状態であると言えるのではないかと思いました。

お金がないならないで、ないなりに楽しんだり恩返ししたりする方法を工夫することはできます。

人によって自分を許せる状態は違うし かといって世間が受け入れてくれる状態が自分にとって楽とも限らないし

はあ 困ったなあ。。