読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じんせいぼんやり放浪記

うつ病で退職した元OLが、日々の気分の記録と、元気になることを目指してぽつぽつ考えたことをかくブログ。

就職活動についての雑記

大学の時就職活動どうしてたかな、と考えてみましたが、全然内定出なかったし、本当に働きたいとは考えていなかったように思います。
「とりあえずみんな就職するし、就職活動してみよう」と考えてました。考えてた、というよりも流されていたというのが等しいです。本当は院に行きたいけど、院に行ったところで研究者になれる「確証」はないと思って、諦めました。


就職活動の時って、みんなどんなことを基準に考えていたんだろう。

私の大学は地方に戻る子が多かったので、公務員を目指す人も少なくありませんでした。

私は「自分が嫌いじゃない内容(例…パチンコ)」で「週休2日」で「ブラックじゃないところ」という基準でした。なめてんのか!という感じですね…
「ここで十年後、こんなことをしてたい!」とか、「こういう仕事に携わりたい!」といった前向きなことはほぼなく、「ある程度自分が興味がある分野で、安定していて、定期的にお金が入ってくる仕事がいい」というのが理想でした。自分の夢(すみません、今こんななっているので言うのが恥ずかしいのでいつか言えるようになったら言います)と両立できる仕事がいいなあと思っていました。
そんな私を運悪く拾ってしまった会社にて、入ったからにはがんばるぞと自分なりにがんばってみたのですが、元からない気合が入るはずもなくもっとやらんかいと叱られ、みんな自分のことに手一杯だし、カスカスになって、以下略…。

でも、「なめてんのか」と自分で書いといて何ですが、働く基準って、私は別にそれでもいいんじゃないかなと思います。
ただそう言うからには、自分にそれだけの価値が必要なんですよね。
「会社には何にもできないけど、身元を十分保障した上で金をください!」ってなったら…ちょっとそれは虫のいい話だよなあ…と思います。

自分の価値とはどんなものなんだろう。
例えばデザインの技術やプログラミングの技術があれば、どこでだって生きていける。
私はドドド文系でポートフォリオを広げられるようなスキルはなく、プログラミングの技術も…同人誌を売るためにつくったHTML(手打ち)くらいかな…といった具合です。何かお金に変えられる価値を持ちたいです。

 

#9/28 前に感情のままに書きなぐっていたので、ちょっとだけ直しました。