読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じんせいぼんやり放浪記

うつ病で退職した元OLが、日々の気分の記録と、元気になることを目指してぽつぽつ考えたことをかくブログ。

少部数向けの同人印刷所レビュー

雑記

多分ブログに来てくださっている方の八割がた興味のないことですみません。

同人印刷所さんの話です。

 

続きを読む

Tu Meriに囚われている

読んだ本、漫画、映画

先日話題になってたこちら。

togetter.com

聞いて以来全く脳裏から離れなくなってしまった…なんという中毒性。

www.youtube.com

なんで3:14頃にパーン!って爆発しているんだ?とかこの軍団は一体どこから現れたんだ?と「考えたら負け」をつきつけられまくっている気分です。

 

個人的にはこの「ズビドゥビズビドゥビパッパ〜ヤ」も好きです。「おすすめだよ」と言って見せたら「男のこの透けた服は何?」と言われました。…なんでしょうね…

 

youtu.be

おすすめのWeb漫画選

読んだ本、漫画、映画 雑記

あちこち色々な媒体でウェブ漫画が掲載されてますが、毎回更新を楽しみにしている漫画がいくつかあります。せっかくなので(?)いくつか&商業誌になってておすすめな作品をご紹介します。こんなに色々ただで読んでしまっていいのか…?

 

連載中編

●妄想テレパシー

sai-zen-sen.jp

カラー/白黒をこうやってつかうのか〜!と目からウロコでした。個人的にはまなちゃんがすきです💕

 

●独身OLのすべて

www.moae.jp

いわずとしれたまずりんさんの漫画です…トゥクトゥーーーン!!(公式サイトより)

 

●ブスに花束を。

comic.pixiv.net

さわやかすぎて心が浄化されます。解脱しそう。

 

●ひとりぐらしも神レベル

www.comic-essay.com

すさまじい人しかいない。

 

商業化済編

●Artiste

www.pixiv.net

こちらも商業誌連載決定で1話だけ公開ですが面白いです!

●100回お見合いしたヲタ女の漫画婚活記

www.pixiv.net

こちらは書籍化済みですが…登場する男性陣が面白すぎてたまらないです。コスモが足りない… 笑ってる場合じゃないんですけどね!泣

 

●私の少年

comic.pixiv.net

これは多分元々商業誌連載だったはず…

 

私が漫画雑誌を読んでいたころって、「漫画の賞に投稿→賞をとって担当がついてデビュー」が定石でしたが、いまは「pixiv、同人誌で人気を得る→雑誌掲載または単行本化のオファーがきてデビュー」が一部のジャンルではメジャーになってきたのかな…と感じてます。エッセイとか、ニッチな漫画ジャンルでは特に。「漫画家さん」って昔は雲の上の人のイメージでしたが、(同人文化に片足突っ込んでたせいかもしれませんが)いまはなんとなくプロとアマチュアの境界線って、昔よりゆるくなったような…そんな気もしてます。別にそれが悪いとか、そういうわけではなくなんとなく。

面白い漫画をこんなにただで読んでしまっていいんだろうか…

近況

転職活動の合間に、もしかしたら近所の子に勉強を教えることになるかも?という状況です。

キャパオーバーにならないようにします(´-`).


週末は、黒執事のライブビューイングです。

一般発売で取ったら、なんと…一番前の端の方…つくづく席運がない…

かなり見辛そうですが、楽しみです!


今年買ったもの、あんまりないですが後でやってみようと思います。

雑談ですがこれにて。


心情

今年の春先に発症してから約10ヶ月。

ここ一ヶ月(辞めてから先)ほぼ調子がよくなってきつつあります。とかいって、なにかまたドスーンと落ち込むことがあったらどうなるのか…心配ではありますが…

けれど、今の状態は「病気になる前の私」と同じ状態かというと、決してそんなことはないなあと思うのです。

以前、努力すれば叶わないものはない、叶わないのは努力が足らないからだと思っていました。でも今は、どんなに頑張っても無理なものはあるし、自分はそこまで大層な人間でもないと考えるようになりました。

諦めるということを、今更覚えたように思います。

どんなに頑張っても自分以外は変わらないし、諦めた方がいいこともいろいろある。

諦めて、それでなんとかならないことはそんなにないし、自分が気にしているほど世間は私を気にしてはくれない。

 

ブログを書き始めた頃は、自分のことをうつ病というのが申し訳なかった覚えがあります。気合いを入れれば起きられる。見るまでは億劫だけど、楽しい映画を見ていて、笑うこともできる。友達とも、会おうと頑張れば会える。これってホントにうつ病なの?仕事が嫌でサボってるだけじゃないの?と思ってました。

でも今振り返ってみると、その時の私は異常でした。

それからも、治った!って思いこんでても面接キャンセルしたり、どうしても当日までに履歴書を書く気になれなくてうんざりしながら仕上げたり、調子悪い時は面接で涙ぐんだりしてたし…

「治った」と思い込んでいた時と今では相当差があるように思います。

 

就職活動をしていく中で、躁状態なんじゃないの?と若干不安ではありますが、面接のセミナーもいって、期日より前にちゃんと提出物は出して、書類を仕上げて、ということはあまり苦ではなくなりました。(このあたりについては、またしばらくしてから詳しく書きます)

 

でもやっぱりいつ病気が復活するかと思うと怖い。コントロールしてつきあっていかなくてはならないし、もし運良く仕事につけても、そこから続けていかないといけない。今の気分的には「全然できそう〜〜!」って感じだけれど、実際仕事するとなると、違うところも出てくるんじゃないかなと思います。

うつ病の人への接し方

うつ病療養記

f:id:somewhere000:20161214130354j:plain

メンタル不調の人への接し方って、不調な側からするといろいろ気を遣わせてしまうんだろうな…と思います。

私なりに、こう接してもらえてよかった、あるいはこう接してほしかったと感じたことについてまとめてみました。

原則

  1. 相談されたことをペラペラ話さない。
  2. 結論を急かさない。
  3. 周りと比べない。

それだけです。

相談されたことをペラペラ話さない

私は相談されたらその内容について、たとえ共通の知り合いでなくても、匿名であっても、ペラペラ話すことはしません。でも、結構世の中には平気で言いふらす人がいます。(病気に限らず。)悪気もなしに…

私の病気のことを知らないはずの子に、久しぶりに会ったらいきなり同情されて、ビックリしてたら相談してた子がフツーに漏らしてました!!

いく先々で会うなり同情パターンにぶつかりウンザリした覚えがあります。

最悪だったのが、先月、転職の面接先で前の職場にいた+私の病気のことをその子から聞いてた人に遭遇したことですww 漫画かよ!と思いました。

結論を急かさない&周りと比べない

結論を出せないから困ってるので、結論を急かされると「なんでこんなこともできないんだろう…」とむちゃくちゃ落ち込みます。家族からはなかったけれど親戚からはプレッシャーがありました(会社に迷惑かけてるんだからやめろとか…)。

結論には触れずにおいてくれたら、時間がかかっても結論を出すので…

あと周りで「もっと大変な人がいる」と言われても何の励ましにもならないな…と思います。

なんとなく思うことですが、うつになる切っ掛けというのは本当に人さまざまだと思います。私の場合は、長時間労働、あからさまな暴言、暴力はなかったけれど、頑張っても頑張っても報われる先が見えない、頑張った先で幸せになれそうにない状況、毎日自分が無能だと無言のうちにつきつけられる状況が辛かった。

「こんな大変な人もいるよ!」と言われると「私はこんなに頑張ってないのになんでうつになってるんだろう…うつになる資格はない…」と闇落ちします。

今は辞めてわりと開き直ってる状態なので、元気です。完全復活か!?と言われるとわからないですが、出口の見えない穴の中にいるというよりは、穴の近くでボケっとしてる感じです。うつを飼いならす…と聞くけれど、多分抱え込みすぎないように、転げ落ちないようにこれからも付き合っていかないといかないのだろうなと思っています。

黒沢さんのライブ映像のこと

音楽

youtubeには黒沢健一さんのライブ映像がいっぱいあります。

…というのも、黒沢さんのライブはここ数年の(私が行くようになった頃のは)撮影・録音OKだったのです。悲しいけれど、映像がいっぱい残っていてよかった。

歌ってる時に撮られるってどんな気持ちなのかなー?と思ってたのですが、ライブに行った時、「みんなが掲げてる携帯のライトが光っていて、ステージからみるととても綺麗だ」と(いったニュアンスのことを…)黒沢さんが言っていたのを思い出します。

私も録音したライブがあるのですが、古い携帯の中に入ってます。音質はそんなによくなくても、久々に聞きたくなりました。

 

これは10年くらい前?のだけどpale aleの中でも一番好きだな。

歌詞はちょっとメンタル弱ってる時には辛いけど、やっぱりかっこいいです。

www.youtube.com

tcc.cocolog-nifty.com

これは眠る前に聞きたい曲です。

www.youtube.com